SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α

アクセスカウンタ

zoom RSS 海外事例考察:日本の企画が世界でウケない訳

<<   作成日時 : 2018/05/12 17:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

海外事例考察

世界中の行き先で見る、各国の様々な製品、市場、考察分析。
数十年、積み上げた目線を持っている。

かつての生活者の視点で、
米国市場のうん十万円もする、ビルトイン洗濯機&乾燥機、
毎度、マシンを観察、考察、学習しながら、利用していた。
センサー技術の駆使、水流、衣類の動きなど物理計算の緻密さ、
そして、乾燥機、
衣類の動き、時間、各コンデイションでの適正化状態、しわ、などなど、
化学的融合も加わり、
ブラボー――なハイテク製品!!!

他方、日本が誇る、家電!
90年代後半からのつまずき、そして、リカバリー、
国内某所で利用した、大陸資本になった旧日本ブランド、
価格は十分の一、
しかし、かつての栄華はどこに行った?というほど、ミゼラブル、

そしてこの記事
様々なビジネス誌が情報提供、”グローバル市場での韓国ブランド商品企画分析記事”、
その内容と比較しても、なぜ、なんだろう???どうして、なんだろう?
????


正直、その思考の違いの幅に、驚いた。。。

画像


海外ビジネス、まず己を知り尽くし、相手を知ることの重要性。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

海外事例考察:日本の企画が世界でウケない訳  SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる