SPCCTOKYO 海外ビジネス数千億円の視点から

アクセスカウンタ

zoom RSS 国内海外:地方経済活性、どうやると良くなるか?

<<   作成日時 : 2019/02/11 10:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0


海外の人間社会での、様々な取り組み、

オーソドックスなテコ入れ策に、 大手企業の誘致!

最近の案件では、アマゾンの複数本社設置、、、

日本の大企業、なぜ、東京にだけ本社拠点を置く?

東京と地方には、明らかに温度差、、、

国政策も、どちらかというと東京思考、偏っている。。。

地方が、あまり、理解できていない???

逆に地方、

東京と比べて、情報が足りない分、新ビジネス手法など取り入れをどんどん、

従来の思考を変えて、カネ回りの改善も可能。。。

また、色濃い良さは独自性、まもって、収益化できる可能性、

これから社会全体で考えていきたい、カネの流れ、、、

どこの国の人間社会でも、ひとのつながり、マネーのつながり、、、

その視点で、昭和からの、硬直化した経済社会体制から、抜け出る思考とアクションを!!

これから、どんどん!!!

*地方役所も、知恵を働かせる!!!

ベスト参考事例: 神戸市役所
公共経営の鏡、おカネにうるさい市民と役所、震災前は金融運用でNO1の財務、震災後は大きな債務も完全返済、センスの良い未来産業政策、外資系法人の誘致(P&Gは海外移転したが)、産学連携等。

*大企業、日本は狭い国、遠隔ビジネスの習慣を!飛行機新幹線移動も簡単!その良さを活かす。仮にまた大地震が来ても、リスク分散で、生き残れる。


画像


海外の人間社会、ところ変われば、人間の思考も行動には多様性。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

国内海外:地方経済活性、どうやると良くなるか? SPCCTOKYO 海外ビジネス数千億円の視点から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる