SPCCTOKYO 海外ビジネス数千億円の視点から

アクセスカウンタ

zoom RSS 海外国内: 地に落ちた?官庁業務

<<   作成日時 : 2019/01/12 09:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビジネス界からも、各種公務員OBからも、深い憂慮。

一番の危惧に、士気低迷。。。

報道だけでなく、実務社会にも多数の問題、

例えば、行政IT、

問題は、元号の変更だけではない!

海外で経験したIT社会、国内に戻ってくると何周もの遅れ、、、

特に、行政のIT運用は、時代遅れも甚だしい、、、

理由: 企画者・運用者の思考が、未だ昭和風

おまけに、過去、何度も変わっている法律、

当時の、目先視点で作成されており、時代の変化を見据えておらず、、、

ジャパンの、
手間、カネ、時間ばかりの行政業務には、もう、ウンザリ、、、

公務員人事制度改革後、十年目越えで大失態??

現状のままでは、
優秀人材の能力を引き出せていない、生産性を考えた適切な業務を行えていない、

国シンクタンク機能に、危機感。。。

早急に、改善を!!!


*公務員の終身雇用制度も限界?官庁人材の先進国行政派遣を提案!
ひな形業務のAI化など、最新の行政ITを知る必要性。
報道で聞く各種行政現場の問題なんぞ、先進国では既にITで解決済み。
  
備考:
公務員人事改革導入時、公務員OB関係者に聞き取り調査を実施、大臣へ報告。素人ではありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

海外国内: 地に落ちた?官庁業務 SPCCTOKYO 海外ビジネス数千億円の視点から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる