アクセスカウンタ

<<  2018年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


海外書:非西洋中心がもたらす、次100年ビジョン構想

2018/05/27 14:12
英語の経済専門書、引っかかった記述、
未来を語るうえで、西洋には、”西洋中心ではない、非西洋中心” という認識。
その視点で、日本は非西洋、東洋である!
昔からどちらかというと、日本人は西洋中心へ偏りがち、
しかしインドに行って、日本文化の源流を悟り、なおさら、非西洋の思いは深く、、、

その視点で、戦後70年余り、日本の政治思考って、古すぎやしないか???
いち国民として問われる、憲法の改正、
前に進める前に、なんのために???
その目的、意図やビジョン、古びているはず、、、
明らかにされても、たぶん、次の100年という時代を感じられるものではない???

半島が、ぐんぐん、脱WWIIを進めるのなら、
日本にも、次100年の政治ビジョンがあっていい、
よく深く考えて、憲法改正は、それから、、、、

この方の命を懸けた、訴え、
次の100年は、おそらく、違った構想が見えてくる???

画像
海外ビジネス、要専門仕様の仕込み、あるがままでは全く歯が立たず、の学び
記事へトラックバック / コメント


海外比較: 自己肯定できない、10代!

2018/05/27 14:09
海外の視点から、日本社会に、あってほしいもの!
個人の良さを活かす、生き抜き方!
いろいろな生き方の、肯定!

これからの時代は、第一に、自分の良さを知る!
親族に聞く!信頼できる友に聞く!
海外の社会には、自分をよく知り、その良さを活かす基礎教育!!!
そして、加点法で、ひとは褒める社会!
大人になってから、どんなふうに生きていったらよいかも、日本と異なる。。。

例えば、肉体労働専門の、米人男性と話をすると、
性格いいし、素直だし、謙虚だし、、すごく人間として好感が持てる。。。
こんな風に、仕事を探すとイイかも、、、
そうだね〜〜!
みたいな、自然にいい会話、前向きな人生が、ひょいと現れる。

他方、国内、これって病気?と思った事象、
10代?と思しき学生が、ダメなんです、、ダメなんです、、のオンパレード、
あんな気持ちと考え方だから、すぐ自殺したくなる???
みな、貧困家庭でもない、、、、
自分をダメと思い続けて、誰が、どんなふうに、どうやって、いきていくんだろう?
日本の社会、教育って、どこかハズレている???
こんな社会おかしいんじゃないか?と思っていたら、毎日おかしい報道の連続、、、

これまで出会った、生き抜き力のある若手、
工事現場の職人さん、既に独立開業で、数人の部下持ちのボス!
元佐川のドライバーさんで、貯金をためて、飲食店開業!
愛想のよい人懐っこい女性、性格の良さを活かして、サービス業!

とにかく、日本社会に欲しいものは、自己肯定!
社会の中での自分自身の確立、10代からしっかり!
自分には、自分一人だけの価値!

* 日本社会にある、人の良さを活かさない、ダメな思考に、ランキング!!!
  あんな横並び思考、多様な時代には、ウケない!いらない!

*だから、若年層の自殺が多い。

画像
 海外ビジネス、自己肯定できなければ、海外は無理。

記事へトラックバック / コメント


海外考察:総務省も、真剣に考えて!

2018/05/27 14:07
日本も真剣に、取り組むべき!
個人情報は、カネと同様、
流出で、身の安全も危うくする。。
そう思えば、その大事さがわかる?
国レベルの失敗事例は、最近のニュースに。。(ケンブリッジR)

画像

ボンヤリしている日本、早く対策を!!!

画像
海外ビジネス、本専門分野は海外JOBで学びました。
記事へトラックバック / コメント


人手不足、労基署業務、代替えの提言!

2018/05/26 12:56
この記事

特別公務員の代替えは、士業と思いがちだが、そうかな?

士業は、独立開業している個人事業主と同義、、、

お金を払ってくれれば、どちらの意向にも、なびくことが多い立場、、、

要は、お金を前に、中立ではない、ということ。

*ネット上にも様々なご意見。下記のグラフ参照。。

行革時代に、労基署は大幅に縮小、

あらゆるOBを探し出し、法規を最新にしてもらい、監査を受けられるようにしたほうがいい。

士業がやるなら、NPOなど公益法人化が必要と思う。

そのほうが、トータル的に有益、になる。

なんでも士業、という日本社会の勘違い、

世界でも士業とは、バリバリのビジネスパーソンという事実、忘れないでもらいたい。

画像


*海外ビジネス、どこの土地でも専門家との仕事は欠かせません!

記事へトラックバック / コメント


世界考察:日本の創出文化の、売り方!

2018/05/26 12:42
日本の文化政策、
世界各地の歴史文化を浴びるほど見てきた視点で眺める、日本文化、
イマドキの日本の文化創出は、クライシス!
経済が限定的でも、文化を花開かせるためには、どうしたらよいか?

自分が死んでも、作品は残す!

あらゆる分野の芸術業、
例えば、岡本太郎、、、
太陽の塔、スーパーにシンボリック!人物も楽しかった!

あらゆる創作物は、全部、そうでなければ、ね?

日本の学術、
常に先30年は当たり前、
理系は、それ以上の先が原則!
ところが、イマドキは、ビジネスの目利きと変わらない近距離が増えている??
昭和時代の書物と比べ、研究の奥深さが圧倒的に浅い!!!
勉強研究なんぞ、やりたければ、寝る時間も飯食う時間も削ってやる!
教育が高くあるのなら、才覚を磨き、いかようにでも稼ぎ、生き延びる可能性!
最近は、会社員の多くが心配!

日本の各種の情報産業、
圧倒的に、配信側の思考が劣化!
未だに昭和の価値観が蔓延、次の時代に向けた情報価値が見つからない。。。

あと、新聞のトーン、英語の犯罪記事なんか、、
冒頭から、異常内面の人間”探察”が前面にでて、グイっと記事に引き付けられる!
他方、国内、あのひといい人だったのに?みたいな、拍子抜けするトーンばかり、、
どこの”隠れ”悪人も、この新書モデルが、世界の定番!!!

日本のエンタメ、
象徴的な昭和思考の人々、
例えば、アイドル産業、
永遠に、独身である必要がわからない?
40代、50代にして、隠れ子供や家庭があっても普通!
むしろ、彼らの人生まるごと、楽しませてくれればいいという発想あり、、、
要は、 心和むもの、楽しいものを、創出してくれれば、、、、

日本には、数千年の歴史ある国、うきしずみもたくさんある。。。
カネのない時代は、戦後の昭和のように、
人々の”尖がり”のある魂 をもって、文化創出を!!!


海外ビジネス、合間に世界遺産の旅、栄華100%略奪・文化系譜なしは南米大陸、悲痛。
画像
記事へトラックバック / コメント


海外比較:海外思考の上手な取り入れ方、男女平等

2018/05/26 12:40
世界中の人間社会を見て、ある気づき。
行き過ぎた男女平等の、良し悪し、、、

理由
男女には、それぞれ、肉体の構造や特徴がある。
それを無視した営みには、無理がある。

米国社会での体験
機内で重たいスーツケースの荷下ろし、
出張中、指と付属する筋を痛めた。
イマドキは、手助けしてくれるのは、60〜70代の男性のみ、
数十年の間に、こんなにも人間社会は変化するのか、、、、という思い。
肉体的労働があると、イイことばかりとは全く言えない。

日本でこういう話をすると、みな、むずかしいね〜〜〜〜?
EUなど他地域のマイルドな男女社会のほうが、まだ現実的といえる。。。

ゆえに、なんでもは、人間の考えは直輸入しない、
よく考える、まず当てはめてみる、という検証!


*海外ビジネススタートのための、構想書。 あるがままでは、稼げない! (下記の2冊、流通在庫のみ)

画像


画像
記事へトラックバック / コメント


世界考察:日本の創出文化の、売り方!

2018/05/26 12:37
日本の文化政策、
世界各地の歴史文化を浴びるほど見てきた視点で眺める、日本文化、
イマドキの日本の文化創出は、クライシス!
経済が限定的でも、文化を花開かせるためには、どうしたらよいか?

自分が死んでも、作品は残す!

あらゆる分野の芸術業、
例えば、岡本太郎、、、
太陽の塔、スーパーにシンボリック!人物も楽しかった!
あらゆる創作物は、全部そうでなければ、、、

日本の学術、
常に先30年は当たり前、
理系は、それ以上の先が原則!
ところが、イマドキは、ビジネスの目利きと変わらない近距離が増えている??
昭和時代の書物と比べ、研究の奥深さが圧倒的に浅い!!!
勉強研究なんぞ、やりたければ、寝る時間も飯食う時間も削ってやる!
教育が高くあるのなら、才覚を磨き、いかようにでも稼ぎ、生き延びる可能性!
世界中で各種分野の研究者の、生き抜きの”すごさ”、日本の比にあらず、、、

日本の各種の情報産業、
圧倒的に、配信側の思考が劣化!
未だに昭和の価値観が蔓延、次の時代に向けた情報価値を提供していない、

例えば、英語配信の犯罪記事、
冒頭から、異常な内面の人間探察が前面にでて、グイっと記事に引き付けられる。
他方、国内、あのひとはいいひとだったのに? まるで拍子抜けする記事ばかり、、
どこの”隠れ”悪人も、この新書モデルが、世界の定番!

日本のエンタメ、
象徴的な昭和思考の人々、
例えば、アイドル産業、
永遠に、独身である必要がわからない?
40代、50代にして、彼らに子供や家庭があっても普通!
むしろ、人生をまるごとで、楽しませてくれればいいという発想もあり、、、
要は、 心和むものを、創出してくれれば、、、、

日本には、数千年の歴史ある国、うきしずみもたくさんある。。。
カネのない時代は、戦後の昭和のように、
人々の”尖がり”のある魂 をもって、文化創出を!!!

この本をお勧めしています。

画像
海外ビジネスを始める前の、構想書! 市場在庫のみ


記事へトラックバック / コメント


次世代ドリーム: 地下トンネル自動車

2018/05/20 21:34
このビデオ

イーロンマスクが考える、地下トンネル自動車!

新大陸がリリースする、未来!

楽しい!

画像

*海外ビジネス、日本人の思考を超えて!


記事へトラックバック / コメント


週末:宇宙ステーションの旅

2018/05/20 15:56
此方のビデオ

こうやって、インド?のビデオ教育機関は、子供の頃からビジョンを与えて、数学の勉強をさせてているのかな?
初めて見たが、面白い、
子供たちの、数学の勉強も、俄然、やる気が出ることだろう。。。

画像
海外目指そう! 英語解ると、見るコンテンツも、たくさん!
記事へトラックバック / コメント


式典学習:7OCEANsの国、多文化の許容度

2018/05/20 15:54
7オーシャンを制した国、王室の結婚式、
多文化を受け入れる許容度が、各段に異なる。
本家にはゆるぎない文化、
それがあってこその異文化、
移民国の文化も、独自性のある文化、
セレモニーを通してみる文化の混ざり合い、奥深さ?を感じる。
他方、日本、
同じ島国、増えてくる移民、
色濃い独自性がありながらの、今後の異文化の受け入れ、異民族の受け入れ、
この国の方向性は、何か違うような気がする??

YOUTUBE
学び:社会の人々に対する「ひと」の尊厳、そして多様化の展開というプロセス。
いやー、それにしても、驚いた。。。
*式内での詩の朗読、内容掲載がほしい。

画像

海外ビジネス、人間社会のいろいろが、わかります。。。
記事へトラックバック / コメント


CEOの歯ぎしり

2018/05/16 14:09
こちらの企業ニュース

あと、もうひと押し!!!

2018年、半分が過ぎようとしているが、

公式報道を読む限り、次の時代の仕込みは、着々と進められている!

会社としてやるべき、準備仕込みは十分!

遅すぎた部分はあるにせよ、既に始まっている!

部門がやるべきこと、

毎年、事計をどう遂行するかの詰めが甘い、その繰り返し、

今一度見直しを!

社員がやるべきこと、

計画通りに、営業をし、丁寧に注文書をGETすること!

仕事の準備段取りの荒いひとが、まだまだたくさん!!!


なんでうちの会社は、ダメなんだ???

それは、社員がやるべきことをできていないから、、、

目利きが高く、ビジネス仕込みのできる経営者、

どんなに頑張っても、

支える大勢が機能しないと、会社は会社として存続できない!

就任数年目、そろそろ、CEOの歯ぎしりが聞こえてくる???

さあ、6月、

クライアントのアクション始動に向けて、頑張っていこう!!!

画像


*JOBのコミットメントをするためには、入念な計画、入念な作戦、それから営業!
記事へトラックバック / コメント


海外の真実:世界のマネーに対する向き合い方

2018/05/13 11:03
日本の学術研究、ヤバい!
リベラルアーツ、ぼろぼろ、、、
世界の文化論、
日本人ビジネス、大好き!
ただし、イマドキのビジネスでの、その知識の役立て方
商談で阻害が起きた際に、一つの要因として、思うことはあるかもしれない。
その程度!
昔から、よく、異文化のせいにしてきた人が多いが、ネット時代はそうでない説。

長年、リアルに、海外ビジネスをやり思っていること、
”できる限り、先入観、思い込みの知識はないほうがいい!”

理由:各国で、外国人と取引ができるビジネスパーソンとは、advantageある人、
例えるなら、孫さん、ホリエモン、的な人々、
どこの国でも、異種の才覚を持つ、アンテナ感度の高い方々を指す、
ローカルの凡人的な経営者ではない。
その視点で、世界規模の、先端ビジネスをやるうえで文化論はないほうがいい。

カネ儲けに、国境はない。あるのは、競争だけ。
文化論を語る暇があれば、戦略を磨く。

*政治が歪める海外ビジネス経済の営み、彼らはやがて長期スランプに陥る説を支持。

画像
海外ビジネスとは、考え抜かれた金儲け。
記事へトラックバック / コメント


海外事例考察:日本の企画が世界でウケない訳

2018/05/12 17:07
海外事例考察

世界中の行き先で見る、各国の様々な製品、市場、考察分析。
数十年、積み上げた目線を持っている。

かつての生活者の視点で、
米国市場のうん十万円もする、ビルトイン洗濯機&乾燥機、
毎度、マシンを観察、考察、学習しながら、利用していた。
センサー技術の駆使、水流、衣類の動きなど物理計算の緻密さ、
そして、乾燥機、
衣類の動き、時間、各コンデイションでの適正化状態、しわ、などなど、
化学的融合も加わり、
ブラボー――なハイテク製品!!!

他方、日本が誇る、家電!
90年代後半からのつまずき、そして、リカバリー、
国内某所で利用した、大陸資本になった旧日本ブランド、
価格は十分の一、
しかし、かつての栄華はどこに行った?というほど、ミゼラブル、

そしてこの記事
様々なビジネス誌が情報提供、”グローバル市場での韓国ブランド商品企画分析記事”、
その内容と比較しても、なぜ、なんだろう???どうして、なんだろう?
????


正直、その思考の違いの幅に、驚いた。。。

画像


海外ビジネス、まず己を知り尽くし、相手を知ることの重要性。
記事へトラックバック / コメント


政策&ビジネス提言:AI, これから金儲けに必要な学問!!

2018/05/12 17:04
AI導入に絡んで、ビジネス誌には面白い特集がわんさか、、、

数学
教育政策では、数学嫌いが話題となる中、
これから飯を喰い続けるために、
そんな、議論をしていていいのか???


2020年教育改革、文科省へのお願い
数学が嫌いになるのは、日本の学校での教え方が原因!
すべての学問は、目的を伝えて、教えてほしい!!!
社会での利用、考察検証での利用などなど、
日本では、長きに渡り、学ぶ目的が学ぶ側に示されていない。
その中でも、客観性トップの”数学”という学問、
点数を取る目的だけでは、興味関心を引き起こせない、限界があった!

例えば、行列、
実務者事例として、通信事業者免許試験にでてくる、
なぜ、通信には行列が必要なのか?
そこで、学びの際には、社会ではこんな時に役立てています!
その関連性がわからないと、回答できても、学びとしては意味不明のまんま。

残り続けた、数学をものにしたい欲、
その引き金になったのが、英国、スチュワートの数学本!
院時代は、米国大学/大学院の数学教科書で学びなおし、
学問領域を超えたMITでの自己研鑽、
数学磨きは欠かせないアイテムに!
様々な検証における、数学思考の有用性、
新技術開発側の構想組み立て、正しい理解検証等、高度専門分野でが計り知れない。
更には、彼女が提示した課題の重要性!
利用される側もBLACKBOX理解しておかないと、知らずにデメリットリスクを負う。

学びのインセンティブは、飯を喰い続けるため!

数学という学問は、俄然、輝きを見せてくるに違いない。。。。

*週刊ダイヤモンド、東洋経済、AI特集、目を通しておきましょう!!

画像


海外ビジネス、これからも役立つものは普遍の”思考枠”、基礎理論”軸”は変わらず。
本書は基本基礎土台を指南、構想では己の哲学を固め、個々で能力研鑽、羽ばたく!
記事へトラックバック / コメント


海外比較考察:日本人男性にあるミステリアスな特有現象

2018/05/12 17:02
海外国内比較考察、数十年!
人間のリアクション考察から、、、

◆事例紹介
海外ビジネス専門の、キャリアウーマン歴 数十年!
毎回、海外へ飛び立つ際、思っていたことがある。
”あー、これからは、怒鳴ったり、声を荒げたり、されることのない世界へ行ける!”

◆どんな場面で発生するのか?
よくある議論の中での、主張、反論、意見の対立、
日本男性が仕切るビジネス社会、女性はかなりの精神的負荷が伴う。

他方、海外ビジネスの現場、
反論対立意見を、同じトーンで言っても、静かなリアクションが来る、、、
なにも、こない。。。。スカ、、、、

数十年もの間、何度も何度も何度も、実践検証するような場面に出くわすのだが、
すべて、結果は同じ。。。
アジア各地、欧州、南北米、中東、オセアニア、一度も例外なし!!!
長年、どうしてなんだろう???
各地の人間社会を経験し、不思議に思っている現象の一つ。

その結果から、考えること、思うこと、
なぜ、日本男性に限り、特有なリアクションが、引き起こされる(やすい)のか?
教育? 家庭? 
想定される心理的要因、育成環境は当然ある。。

ジェンダーがらみでの、世界規模での哲学・価値観の入れ替えに伴い、
将来に向けて、日本男性特有なリアクションは、なくすほうがいい。
世界の潮流から取り残されないためにも、根深い本現象の解き明かしがほしい。

*国内社会によくある同調意見オンリーという現象は異常、毎日続くと吐き気。

画像


海外ビジネス、主張、反論、意見の対立、あって当たり前という前提。
すべては、お互いに、いい金儲けのためという目的。
逆に、主張も異なる意見も出せない人間は、価値なし!!! よく読んで!
記事へトラックバック / コメント


海外比較:デキる企業、ダメな企業、

2018/05/06 19:27
稼ぐ会社の最前線には、デキる若手!
やりたいエネルギーが、みなぎっている。
バックヤードには、肝の据わったマネジメント
リスクも取れる最前線が、成功の秘訣。。。
*当然、りすくにならないようにやる、やれる。

他方、
あれもやるな、これもやるな、
若手が、初老のような、現場あり、
年数のわりに、仕事が仕込まれておらず、できず、

異業種経営から、業務提携のオファー、
経営がすぐ断り、その後、ボトムでリンクし提携とか、
いったい、何が経営の仕事なのか? 
もう、よくわからず。。。


今の時代のびじねすは、千差万別、
しかし、経営の出来不出来は、どんどん格差が広がっている。。。。

*此方の記事、
隣国の状況、よく読んでいます。参考として、。


画像


海外ビジネスにも、悪影響が懸念。。。。
記事へトラックバック / コメント


海外比較:日本の本の読み方

2018/05/06 19:25
海外での専門書選び、
高額品、まず、目次、イントロ、だいたい雰囲気をつかむ、、、
書き込みを読む際には、取捨選択が必須。。
読書家、専門家と思しき人の記載を読むと、判断可能に。
海外では、具体的に書いてあるものが多く、参考になる。

他方、日本、
どの本も、書店で確認するまで、ほとんど判断がつかない。
値段の高めな、海外研究者翻訳本も、同様。
書き込みは個人的、あとは感想が多い。
知らない知識を知り得て、よかった!みたいな、、
それから、どう考察して、どう利用して、どうなったか、がわからない。。。
おそらく、本の読み方が、海外と比較し、違っている??

どうしてか?
これは、日本にありがちなコミュニケーションに由来、、、
日本社会には、何のために? 目的がわからないままの行動がたくさんある。
同業者?PIOTRの本にも、同じような指摘。
例えば、意見交換、for what ?? 
何が得られるのか?どんな効果があるのか?、まるでわからない。
その情報は、どんな時に有用であることか、その具体性も不明。
逆に、そこをきちんと伝えても、理解できない人がいることから、
同様の思考枠をしていない人が多いのかも、、、

また知的財産とは盗むもの? リスペクトがないことも背景にある??

いずれにしても、本の読み方が、違っている。違ってきている。。


画像



売りl海外仕様の思考法 磨くものは思考の伝達! 
この本は、海外ビジネスで、第一に限定時間内にJOB成果を上げるための諸所を書いている。自分軸を中心に、海外の人々の中で、具体的にどのように成し遂げるかをまとめた実践本。基礎教育土台の違い、新人教育からの仕込みの違い、がたくさん。
記事へトラックバック / コメント


脱旧世代社会: これからは、自分磨きの時代へ!

2018/05/06 19:24
若手対象

最近、国内にはいたるところで、ランキング・・
他方、英語誌では、ひところより流行っていない。
せいぜい、長者ランキング程度、、、、
理由、拡散 分散 しているから、インパクトがない。。。

これから世代が、一番に磨くものは、自分、個人!!!
先の世代が、磨いてきたものを追ったのでは、しょぼくなっていく。。。
時代の転換は、自分への希望!
白紙の自分だからこそ、チャレンジする気持ちのほうが、先に向かって伸びる。

画像


自分はオンリーワン! 強いものを作っていこう!
記事へトラックバック / コメント


批評:セピア色の日本企業

2018/05/05 13:04
2018年 そろそろ、日本企業が気づかないといけないこと、
今の経営構想のままでは、次の時代は稼げない、生き抜けない。。。
就活も、セピア色に見える。
世界のビジネス視点から、企業の体質、体制、意識、が古すぎ、、、
経営哲学・構想から入れ替えないと、ジャパンは生き残れない。

*日本の会社員が、すぐできること!
 自分だけでなく、相手側にも、すべてのビジネス活動はコスト試算!
 その上で、無駄の撲滅!それが生産性改善の第一歩!
 働き方改革とは、”稼ぎ方”改革が真の意味。。。
 主業がなくなり、副業が主業に、という可能性も大?

*”企業は社会の公器”、としての責任と役目。
 経営構想が、古すぎ、硬すぎ、狭すぎ、 限界を感じることも。。。

画像
圧倒的に、経営構想が古びている。
記事へトラックバック / コメント


政策提言:人材難、次なる副業政策

2018/05/05 13:02
海外で知った、副業制度、
国内には、第一弾の導入、

そこで、次なる政策提言は、公務員特別職への副業導入!
海外には、80年代から、パートタイマーの警察、軍人制度がある。
警察は、夜のパトロール業務など、
軍は、災害普及の際に駆り出される。
あと日本では、教育免許を持つ会社員人材の、教員登用もありかと。
例えば、部活のできない、多忙すぎる先生に代わり、週末スポーツ指導に登用!

対象は、主たる所属をもつ身分の確かな会社員、
今後は、特別職に、何らかの分野の専門家の登用もあり。
会社員メンヘル減少に伴い、心理カウンセラーは若年層の自殺相談員に!
また組織・人材に対する、質のテコ入れにも、外部者は役立つ。。。
人材難の職種があるなら、どんどん、パートタイム公務員、特別公務員!

社会貢献できる、やりたい人間は、いくらでもいる!

*社会に、どんどん、新しい考え方を取り入れよう!

画像

海外ビジネスやりながら、現地の人間社会からの学び、発見!
記事へトラックバック / コメント


日英翻訳:20年間で一番大きく変わったもの

2018/05/05 13:00
海外ビジネスでの長い渡航歴、
現地人々との会話、その中に、英語翻訳で大きな変化があったもの。。。

自衛隊、

国内では、セルフデイフェンスフォース、あくまでも自衛のための兵力、
米国では、ジャパンミリタリー、完全に軍隊という認識、
いつの間に???
日本では、ミリタリーなんぞ、認めていない!
毎回、きちんと説明してきた。
少なくとも90年代は、そうではなかった。。。

海外にいる時間が多かったため、スルーしていた重大事項。

異なるイデオロギーを聞いて、沖縄の現状を見て、素直に思った気持ち、、、
戦後世代として、深く考え、次世代の社会につなげていかなければ、、、

*戦後70余年、大きく変わる経済政治関係、新たな思考での理解と考察。

画像
海外の違う価値観、とにかく日本は違いがい大きい。そこを踏まえて、、
記事へトラックバック / コメント


ご意見:新法解剖 被害者負担の薦め

2018/05/04 16:00
この記事

国に予算がなくても、被害者負担がおそらく期待できる。。。

遺族にとっては、なぜこうなったのか??? は重要課題!

原因を確認したいほうに気持ちが行くし、そのほうが納得感も増す。





記事へトラックバック / コメント


国際比較:日本社会にある欠如

2018/05/04 15:50
日本で見聞する報道の不思議、
TOKIO報道、
海外通には、ぜんぜん、ピンとこない。。。
報道で見聞したい情報が、おまけにゼロ!

なぜ、ビジネス・カネの話が、でてこない?
ビジネス機会損失で、いくら?
その賠償で、いくら?
各人で割って、いくら負担?

その上で、報道を聞いて、なるほど、となりたい。。。
日本には、経済換算をして、あらゆる行動・判断する習慣がない。

あれば、社会の営みは、第一に経済軸を考えて、
みなが一瞬で青ざめるような、寝言泣き言をいってられないような、
もっと緊張したものに、よく変わっていくことだろう。

人を助けるとは、情けだけにあらず、
一人当たりの借金聞いて、それからカネで仕事で支えなければ、、、となるはず、、全体的に、REALITYが欠如、

またなぜ、刑事がこの程度のことで動くのか?憤懣やるかたない。

平和ボケすぎ社会のジャパン、相変わらず、、、

*人にやさしい社会はいいが、経済の厳しさを叩き込むことのほうが最重要。
記事へトラックバック / コメント


日本の要:学術研究の大切さ

2018/05/04 15:41
イマドキの日本には、ある特徴、
どこもかしこも、1か0か、二択の思考?
硬直しだした思考の日本に、危険信号!

通りすがりのWEB、偶然見かけたこの記事
あまりにかかれている内容がひどくて、目を止めた、、、
こんな悪質な話は、先進諸国でも、聞いたことすらない。

学術の価値とは、なんぞや?
守るべき領域とは、なんぞや?
学術とは、ある分野の専門家、軸、
各人が持つ多種多様な視点で、奥深く詰めた思考、実証、研究、
その成果の一つ一つが、価値!
多様な思考、多様なイデオロギーがあってしかり、
その中での、議論、ぶつかり合い、そこに価値がある。
単一思考が強い日本社会には、とても重要なコンセプト!

あまたの意見を見聞して、多様な視点を知り、自身でよく考えることの重要性、
海外では、異なる意見交換は、ごくごく普通、、、
そうしなければ、思考が広げられず、変化も入れられず、、、

そういえば、最近の日本、
表だって話を出す、学術が減ったなあ、少なくなったなあ、目にしないなあ、、
なぜだろう、、、こういうことだったのか、、、ひどいね、、、
このままでは、文系学術がしょぼくなる懸念、、、

世界からの学びとして、
リーダー=権力、職業=権力、勘違いしだしたら、
人の世はうまくまわらず、
改めて、どこもかしこも、人育ての重要性!人選の重要性!

*教養とは、なんぞや? その土台となるのが学術研究本!

画像

海外ビジネスやりながら実践研究、コツコツ積み重ねから得られる解、
記事へトラックバック / コメント


Cambridge Analitica 二度と、世界の政治混乱を引き起こすな!

2018/05/03 18:53
このニュース、

海外ではすでにAiによる、様々なデータ収集が始まり、

利用する側として、海外系の利用は、極力控えるようにしている。

特に、ビジネス情報は、クラウドで、どんどん抜かれる。

既に、そんな状況を知っている。

特に、公文書などは、海外系を利用すると、大きな外交リスクになり得る。

肝に銘じて、、、

今回の海外報道では、国政に悪影響を与えるべくデータ分析に心理学を使ったところが罪で、

本ビジネスには罰を与える必要を感じた。許しがたい!

実際、その操作で、国の将来が歪んでいる?歪められている? 知らないが、、、、

今回の事件を通して、なんでも機械ではなく、

人間の姿が見え、話を聞き、アナログで接する機会というものが、いかに大事か、、、

そんな、新旧の視点と想いをもって、本問題を捉えた。。。。

日本も、気を付けよう!





記事へトラックバック / コメント


公文書の重要性:公文書問題から学んだ多くのこと。

2018/05/03 18:42
公文書はすごく重要!
公務員がただ書いて残した文書としてはならない理由、たくさん!!!

日本は、過去に戦争という過ちを犯した国、
その反省を、公文書から読み解き、研究を重ねる。
時代を検証する、すごい大事なプロセス!

更には、長期間起きている問題の記録としての公文書、
これも、すごい大事な内容を持つ。
重大な記録である。

後から物事を検証することの重要性、
そのための公文書、
公文書は公文書の書き方があり、その保存の仕方も大事になる。

また公文書に残して、意味のあるものなのか、ないものなのか、という視点にも。
これも重要な、ものごとの判断材料になる!

たかが公文書、されど公文書、
最近は、公文書というものの重要性について、奥深く考えさせられるようになった。

画像


海外ビジネスの仕方、日本人はこんなレベルで仕事をしていたのかという記録としてのビジネス本。実際、過去に読んだ数々の本を読むと、当時の自分、その成長具合、社会背景などがわかって、大変興味深い。。。


記事へトラックバック / コメント


戦後70余年構想:憲法改正 for what?

2018/05/03 18:40
いち日本人として考える、憲法改正、
終戦から、70年あまり、
いつまでも、当時と同じではない、海外の経済政治環境には変化、
海外通として、いい加減、戦後思考を変えたい、強い想いがある。

先日商談イベントで、
闘う構想のない国から、軍事予算のない政府運営のすばらしさを聞き、
これだよ!
これからの時代、武器にはAIが入りこむ余地がある、
冒頭シーンから、機械に人間が殺戮されるSWの映画なんぞ、不快で見ず。。
わざわざ、莫大な予算をかけて、そんな準備をする必要がない。
地方空港では、つんざく轟音の自衛隊のスクランブル風な飛行、、、
あれだけみても、うんざり、、、

地球を何周回ってみても、人間には生きることを続けることが第一の命題、、、
その命題さえ、満たすことこそが最重要!!!
その他は、人間が生み出す、悪のイリュージョン、、、
その視点で、戦後70数年の新しい人間社会の在り方を模索する。

軍備より、経済アライアンスを一刻も早く!
財政再建の道筋、目途を!
株は経済ではない!
世界の経済学大御所の名言、、、、
日本は、今後も納税がきつくて、生活は楽にならずという未来。
財政経済カネが、解決すべき第一主義!
国などの財政黒字化「25年度」
政府目標、”また”5年先送り
信用できない!

LOVE and PEACE!

画像


海外ビジネス、TPP11、アライアンス経済の重要性、、、、

記事へトラックバック / コメント


国内海外文化差:独身社会、個人裁量責任という考え方導入を、

2018/05/03 18:33
国内海外の異文化

日本社会は、男女とも未婚率が増えている。
しかし、社会にある価値観は、昭和のまんま。

例えば、増える中高年の独身男性、彼らの生活のいろいろ、、、
海外式の価値観では、すべて大人の裁量責任範囲で、という収め方。
他人は、一切口を出さず、のマナー。
個人裁量責任が認められる、成熟した社会、そろそろあっていい。

*社会が、あまりに個人的なことに、立ち入りすぎ! 個人領域の尊重を!!

画像


海外は、文化や価値観が、だいぶ異なります。
おしくらまんじゅうにも個人空間が守られていないとクレームが、、、、
記事へトラックバック / コメント


<<  2018年5月のブログ記事  >> 

トップへ

SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α 2018年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる