SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α

アクセスカウンタ

zoom RSS 海外国内比較:海外個人情報保護法が示唆、日本のリスク

<<   作成日時 : 2018/07/01 12:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

海外ビジネス、守秘義務情報は、クラウドに乗せず入れずの原則、みんな筒抜け!

英文契約書、一度、よく読んで!!!

:::::::::::::::::::::::

この配信


CAには、TOP5グローバルTECH企業のうち、4社の本社がある。


彼らがEU同様に、個人情報の保護を法律化した背景には、


人権が捕らわれる”暗黒社会”の危険性を明示している。


他方、日本、


こちらのブログをご参照


ゆえに、海外SNSは使わない、海外ブログも記載は制限、


会社のビジネスデータでさえ、


海外クラウド利用だと、筒抜け放題、漏れ放題、って知っている???


あまりに呑気な、日本のおかみ、


個人情報管理をキツクすると、ビジネスが栄えないのではなく、


むしろ、その逆!!!


ルールを決めて、個人情報の安全が担保されないと、


個人データ活用などで、経済活動に至れない!


個人としては、ポイントカードも一切利用せず!


理由: 個人情報の利用のされ方がわからない、リスクが回避できない、、、


個人データに関する意識、そろそろ、世界基準に!


とにかく、ヤバい!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

海外国内比較:海外個人情報保護法が示唆、日本のリスク SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる