SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α

アクセスカウンタ

zoom RSS 国内海外比較:日本の、高プロ議論、ここがおかしい?

<<   作成日時 : 2018/07/01 12:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

国内、働き方改革、

高プロ、

そもそも、なんで、プロに、”高”がついているんだろう?

また、誰でも高プロ?にされる報道が蔓延しているが、論点にズレ、

ある講演会で、GOOD QUESTION、を聞いた。

「付加価値って、いったいなにか、わかっているんでしょうか?付加価値に、お金を払う行為が見うけられないので、、、」

そう、そのとおり!!!

プロに”高”がついている人たちは、付加価値報酬、という定義が必要!

例えば、国内のコンサル業務には、実務フィーオンリーがほとんど、

知り得る限り、

日本人に対し、付加価値報酬まで契約で認める企業がないに等しい、

他方、日本で違法に稼ぐ、”越境就業”の米国人コンサル、

向こう1年〜3年で売上何%という、付加価値報酬の契約条項も入れて締結、

実際、支払いを受けている!

海外では、その契約が当たり前!

国内でも、今後は付加価値報酬契約を!!!

こういう本筋の議論が、国内では求められている!!!

経営者側も、よく理解して!!!

*やってもやらなくても同じ、という日本式からの脱却!

*1000億円市場作って、○○●万円報酬って、どうなのよ!!!

画像


海外ビジネス格差は、こんなところにも原因が、、ゆえに生産性格差、

海外で、カネがもらえていないこともたくさん!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

国内海外比較:日本の、高プロ議論、ここがおかしい? SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる