SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α

アクセスカウンタ

zoom RSS 海外国内比較: 異常事態に警鐘を強く鳴らす、日本社会!

<<   作成日時 : 2018/06/16 12:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

新幹線事件、

社会全体が、ひっくり返ったように、問題意識が高く、強くなっている!!!

人間の、異常事態!!!

なぜ、あの種の日本人が増加しているのか?

街角で聞いた、こんなすごい日常事例も、

都内幹線道路、246、

帰宅時間、横断歩道を渡る歩行者に、猛スピードの自転車が突っ込んできた

危ないじゃないか!

その途端、

自転車の人は降りて、即、歩行者に向かって、自転車を投げつけた、、、と。。。

周囲は、みな、唖然、、、、

毎日こんな異常がふつうになり、どうしよう????という会話が、どこでもされている、、、

2003,4年頃の、政府統計調査には、こんな分析と予知、、、、

低教育層が増え、今後、日本社会の治安は海外並みに悪化する、、、

十数年経ち、その予言は、現実のものに、、、

その視点で、再び、新幹線事件対策!

日本の安全レベルは、もう、海外の悪さと互角、

そこで、技術立国の日本、

今回は、さすがに、社会の絶対的な高い安全ニーズがあるため、

JR各社には、安全対策が持ち込まれることは間違いない!!!

亀裂事件のときは、驚くほど、スカスカだったことを思い出す。

国土交通省も、どんなことがあっても、前向きな、検討を!


*昭和的な、愛のある、会話対話のある、和のある温かい共同体、社会を復活させよう!地域コミュニテイ、町内会など復活を

*海外の人間社会、異常事態には、みんなでアクションを起こすことが多い! これからは、みんなで助け合う!という意識を!!
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

海外国内比較: 異常事態に警鐘を強く鳴らす、日本社会! SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる