SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α

アクセスカウンタ

zoom RSS これからの時代の、海外式危機管理行動: どうすればよいか?

<<   作成日時 : 2018/06/10 12:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

長きに渡る、海外人間社会からの学び、

今、そこにある、危機への対策!

国内で、同様の緊急事態に遭遇したら、逃げるだけではなく、

これからの時代は、どう闘うか?どう捕まえるか?

たかが、ひとり、刃物!!!  多対一の闘い!!!

1)その場に遭遇したら、大声を出して知らせる!数人で声を出し、リーダーをやり、アクションを呼びかける!

2)犯人には、カバン、リユック、スーツケースを、みんなで、ガンガン投げつける!

3)数人で、ジャンプして、飛び掛かり、取り押さえる! 

そうしなければ、犠牲者が増えることになる。 


瞬時に、どう行動するとよいか、どう考えるとよいか?

海外の映画などをよく見て、日頃から、思考やイメージのシュミレーションをし、訓練していると、

いざという時、冷静な判断と行動ができるようになる。

男女関係ない、闘う、やる!!!

もう、車内で、居眠りなんぞ、していられない?

今後、海外移民が増えると、こういう社会になっていくことも、覚悟しなければ。


*銃の場合は、ひたすら、あたらないように、逃げる!!!

*新幹線の駅には、人がGATE通過するだけで探査可能な各種システム検討を!日本に技術はある!社会のピンチ対策、各社提案を!!!

画像


海外ビジネス、危機管理についても記載

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

これからの時代の、海外式危機管理行動: どうすればよいか? SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる