SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α

アクセスカウンタ

zoom RSS 海外書:非西洋中心がもたらす、次100年ビジョン構想

<<   作成日時 : 2018/05/27 14:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

英語の経済専門書、引っかかった記述、
未来を語るうえで、西洋には、”西洋中心ではない、非西洋中心” という認識。
その視点で、日本は非西洋、東洋である!
昔からどちらかというと、日本人は西洋中心へ偏りがち、
しかしインドに行って、日本文化の源流を悟り、なおさら、非西洋の思いは深く、、、

その視点で、戦後70年余り、日本の政治思考って、古すぎやしないか???
いち国民として問われる、憲法の改正、
前に進める前に、なんのために???
その目的、意図やビジョン、古びているはず、、、
明らかにされても、たぶん、次の100年という時代を感じられるものではない???

半島が、ぐんぐん、脱WWIIを進めるのなら、
日本にも、次100年の政治ビジョンがあっていい、
よく深く考えて、憲法改正は、それから、、、、

この方の命を懸けた、訴え、
次の100年は、おそらく、違った構想が見えてくる???

画像
海外ビジネス、要専門仕様の仕込み、あるがままでは全く歯が立たず、の学び

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

海外書:非西洋中心がもたらす、次100年ビジョン構想 SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる