SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α

アクセスカウンタ

zoom RSS 海外の真実:世界のマネーに対する向き合い方

<<   作成日時 : 2018/05/13 11:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本の学術研究、ヤバい!
リベラルアーツ、ぼろぼろ、、、
世界の文化論、
日本人ビジネス、大好き!
ただし、イマドキのビジネスでの、その知識の役立て方
商談で阻害が起きた際に、一つの要因として、思うことはあるかもしれない。
その程度!
昔から、よく、異文化のせいにしてきた人が多いが、ネット時代はそうでない説。

長年、リアルに、海外ビジネスをやり思っていること、
”できる限り、先入観、思い込みの知識はないほうがいい!”

理由:各国で、外国人と取引ができるビジネスパーソンとは、advantageある人、
例えるなら、孫さん、ホリエモン、的な人々、
どこの国でも、異種の才覚を持つ、アンテナ感度の高い方々を指す、
ローカルの凡人的な経営者ではない。
その視点で、世界規模の、先端ビジネスをやるうえで文化論はないほうがいい。

カネ儲けに、国境はない。あるのは、競争だけ。
文化論を語る暇があれば、戦略を磨く。

*政治が歪める海外ビジネス経済の営み、彼らはやがて長期スランプに陥る説を支持。

画像
海外ビジネスとは、考え抜かれた金儲け。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

海外の真実:世界のマネーに対する向き合い方 SPCCTOKYO-LAB 海外ビジネス入門+α/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる